スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛してるぜ、ベイベ!

浮かれとんちきマアコがボンジョルノ♪ブログを更新します♥

ねえ、ちょっとそこの通りすがりのあなた!
ここで出会ったが運の尽き、一緒に喜んでくださいよぅ!!!
2013y10m21d_160259360.jpg
らりぱっぱ♪らりぱっぱ♪
こそっとたまにお馬のこと書いても、「続きを開く」でなけなしの隔離を施してた心遣いを、こっぱみじんこに吹っ飛ばすぜ!

生まれたその日からずっとずーっと応援していたエピファネイアが
2013y10m21d_155830874.jpg
3歳クラシック三冠のラストです

2013y10m21d_155858595.jpg
メンバーが弱いのでタダ貰いと揶揄されたりしたけども!勝ちは勝ちじゃ!
菊花賞を制したんですYO☆
何故この馬にそれほど入れ込むかって?

2013y10m21d_155632933.jpg
サラブレッドは父・母・母父(母方の祖父)の血統が重んじられます
マアコが愛してやまない、シーザリオの仔なんですYO☆



マアコは元々馬キレイだな~と思うくらいで、たま~に競馬好きの友人に付き合って観てみる、その程度でした。
何のレースがいつ、どこで、グレードがどうとか血統がどうとかさっぱり分からんちんのズブの素人。

でもあるレースでシーザリオ見ちゃったのよね、それが運命の出会い♥
漆黒の並々とした、まだ完成されていないアンバランスな魅力、それでいてどこまでもしなやかに強いその馬に、もう魂鷲掴みにされちゃったのです。
あんまり美しいものだから、魅入ることしか出来なかった・・・

そしてその強いこと強いこと!
三歳牝馬の頂点のオークスをもぎり取ったかった思うと、そのまま渡米し、アメリカンオークスをも制したのです。
初の日米オークス制覇した牝馬の誕生でした。

ジャパニーズ・スーパースター!シッザリ~オ!!!

当時、興奮気味に何度も何度も呼ばれるシーザリオの名前の実況を、マアコはウットリ夢心地で聞いていました。帰国してこれからどれほどのタイトルを獲るだろう、名実ともに頂点を目指す馬・・・これほどの馬ならば牡馬とも対等にやりあうに違いない・・・


マアコの幸福な片思いの蜜月はそこで終わりました。
繫靭帯炎を発症していたのです。

伸び盛りの三歳の夏秋を棒に振り、じりじりと回復を待つだけの日々が続き、いつの間にかその年も明け、ぼちぼち調教も再開された頃にそのニュースが耳に入りました。

●シーザリオ、再起不能!引退、繁殖入り

調教中に再び、繫靭帯炎を発症していたのでした。

まだ明けて四歳になったばかりじゃないか!地位も名誉も輝かしい実績も、何もかもがこれからじゃないか・・・!
シーザリオを追いかけて1年、その内走っていたのは5ヶ月ほど、見たレースは4つだけでした。

こうしてシーザリオは表舞台から消えていきました。
その頃の競馬界はディープインパクト旋風が巻き起こり、その後歴代最強牝馬の話になると必ず登場する、ウオッカやダイワスカーレット、ブエナビスタなどが台頭していきました。

競馬では牡馬と牝馬ではあまりにも能力差がありすぎるのは常識でした。
いわゆる混合戦でも牝馬は牡馬相手にどこまで善戦できるかという風潮だったのに、実力で牡馬をなぎ倒し、タイトルを獲る牝馬がわんさか出てき始めたのです。
まぶしいくらいに日の当たる場所で輝く牝馬達に惹かれながらも、マアコはジト目でひねくれていました。
日米オークス制覇したとはいえ、所詮は牝馬限定戦。
バッタバッタと牡馬とやり合い勝ちを積んでゆく彼女達を前にして、最強牝馬の仲間入りする資格なぞ、シーザリオにはありはしませんでした。
怪我さえなければ、引退せず現役で走っていたら、などはひいき者の単なるよもやま話に過ぎないのです。

牝馬時代の幕開けとまで言われたその頃、シーザリオにはまだまだ受難が続きました。
母のようにしなやかに強い仔を・・・と熱烈ラブコールを受けたものの、
第一子のトゥエルフスナイトはなかなかデビュー出来ず、やっとこデビューしても体も足も弱く、1戦1勝で引退しました。
第ニ子は女の子でヴァイオラ。馬も女系家族型なので、これでシーザリオの血は残ると思った矢先、蹄葉炎発症してデビュー前に繁殖入りになってしまいました。その上繁殖入りのニュースから1ヶ月もしないうちに、悪化して死亡してしまったのです。
母となって3年目は、受胎すらしませんでした。


ゆるゆると時間は流れ、
かつて競馬界を騒がせた名馬達もおのおの引退して充実した余生を送っていることでしょう。
もう誰の口からもシーザリオのシの字も出てきません。
皆の記憶の片隅からこぼれ落ちてもマアコだけがただ一人、ゆらゆら思い出の中で漆黒の馬が浮かんでは消え浮かんでは消え・・・、

彼女の名前はシーザリオ。
ジャパニーズ・スーパースター、シーザリオ・・・



8年の歳月を経て、シーザリオの名前が表舞台に帰ってきました。
G1菊花賞馬エピファネイアの母として!( ´艸`♥)

●菊花賞馬 エピファネイア
父シンボリクリスエス 母父スペシャルウィーク
母シーザリオは2005年日米オークスを制した、名牝シーザリオ

>名牝シーザリオ
>名牝シーザリオ
>名牝シーザリオ!!!

うひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおお♪
やったよシーちゃん!おめでと!お帰りいいいいいいいいい!!!
酒なんて!一滴も飲めないちんだけど!!!
今、大酒飲んで世界の中心で菊花賞馬の母はシィィィィザッリオですうううう!!!って叫びたい!

あー、今、日本で1番マアコの飲むほうじ茶がおいしいはず♥
ありがとう、シーザリオ♥
健やかなる時も病める時も、マアコはあなたが大好きでっす!

続きを読む »

スポンサーサイト

カジノの小話

そうきたか・・・

現在、カジノでプチ炎上しているネタを一つ。
事の発端は10月13日開催の「孤高のヴァンパイア」イベ。
2013y10m22d_123448907.jpg
久しぶりに一目惚れしただす!
アイテムがお外アイテムの館、着せ替え、特に毎度不遇の男子セットアップが今回かなりイイ♪と前評判上々。
2013y10m22d_123633911.jpg
これは男女共通で出して欲しかった・・・マアコも男子の方が欲すい
1ヶ月に1度販売するかどうかの10倍パフュームも販売するとあって、もう皆ワクワク♥マアコも久しぶりにカッキーン☆に突っ走りました!20時開催に備えてポットにほうじ茶まで完備する熱の入れ様w

だってこの時は先行アイテム7777個限りだったんだもの!
今までも2000~3000個限定見たことあったけど、5日開催しても人気ないのは売れ残るのもあるぐらい。でもマアコ野生のカンで思ったね、7777個にしてもこれは絶対即効売り切れ御免になるって・・・! ←つまりそれほど前評判がすごかったw

続きを読む »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。